2010 04/03[Sat]
クリネックススタジアム宮城
福岡ソフトバンク 10 - 6 東北楽天●

先発の#21岩隈久志の乱調。コノ一言に尽きる試合でした。13安打で6点も貰っていて勝てない投手ではないだけに、なんとも・・・。

乱調を手伝ったのが、ショートに入った#66西村 弥でしょう。明らかに#2渡辺直人よりは守備力は落ちてましたね。しかしながら、その直人が極度の打撃不振。四死球でしか塁に出れない状態では外したくもなるでしょうが、岩隈は打たせてとる投手だけに攻撃に力を注げなくても、守りは固めるべきだった。再びしかしながら、その岩隈が2度の登板を経てなお、未だ勝ち星がなかった状態では攻撃力を上げたくなる気持ちも分からないではないです。

負けに不思議の負けなし、まさにそんな試合がウチの開幕でした。まぁブラウン監督の退場劇は盛り上がりましたが、もうちょっと後半でも良かったかなぁ(笑)。

>> DATA
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。