2009 10/22[Thu]
札幌ドーム
●楽天 8 − 9x 日本ハム
 ホークスを連勝で下し札幌に乗り込んだイーグルス、クライマックス・シリーズ2ndステージの第1戦の先発は#30永井 怜・#44中谷 仁のバッテリー。

 その永井の立ち上がり、先頭の田中賢を2-1と追い込みながら中堅越の二塁打を許しコレを森本に犠打でキッチリ送られ稲葉には四球、そして相手4番:高橋に犠飛を決められ早々に先取点を許す不安な展開。しかし、後続を断ってコノ回の失点を最小に食い留めた。

 すると直後の二回表、先頭の#7山崎武司が苦手:武田勝から左前打でチーム初安打で出塁すると、1死後#64中島俊哉がこれまた左翼前に運んで二・一塁。続く#12草野大輔の打席2-2からランエンドヒットを敢行、コレが見事に決まり左翼前の大きくない当たりにもかかわらず二塁から山崎武が生還して同点に追いつく。

 これで永井も落ち着きを取り戻し二回を3者凡退、三回は先頭の田中賢にまたも出塁を許し森本に犠打で送られるも、稲葉を二ゴロ・高橋を三振に斬って獲りまずまずの序盤とする。

 すると序盤に入った四回表1死後、#5F.セギノールの死球から中島の右中間二塁打・草野の中堅後方への犠飛で1点勝ち越し、さらに#3トッド・リンデンの右前打でリードを2点に広げる。

 勝ち越してもらった永井は直後の四回ウラを3者凡退、五回・六回と走者を出しつつも併殺や三振で中盤を抑えきる好投を見せる。コノ好投に打線も七回表1死後、中谷の中前打・#4高須洋介の左中間を破る二塁打、2死となってから#46鉄平の敬遠で満塁とすると山崎武のアワヤ満塁弾か?という左翼フェンス直撃走者一掃の3点適時二塁打で応える。

 5点のリードを貰って迎えた八回ウラ、先頭の田中賢に0-3からフルカウントまで持って行き三振に斬って獲ったまでは良かった永井、コノ対決で力尽きたか続く森本に初球の変化球を中前に弾き返されると、稲葉にも2-2と追い込んでから中堅越の二塁打を許す。このとき鉄平が一時捕球体勢を獲って森本の足を止め本塁生還を阻止する好守を見せたが、続く高橋に初球を拾われ敢え無く1失点。
 スレッジを向かえるところでベンチが動き、#15藤原紘通にスイッチ、結果的に見ればココが分岐点だった。スレッジからすれば相性の悪い永井が代わってくれたコトで気持ちが楽になったようで、右前に適時打を放たれてしまう。

 さらに代わった#57小山伸一郎が小谷野を三振に獲るも、シーズン中も見たこと無いぐらい大きく外れる暴投で走者を進め2死三・二塁。続いて#26有銘兼久がマウンドに登ったが、これまた暴投で三塁走者を還した上に二岡には四球。ココで#51川岸 強がマウンドに登り代打:稲田を2球で左飛に打ち獲り何とか火消しに成功したが、コノ回3失点と七回に獲った分をお返ししてしまった。

 それでも、直後の鉄平のシリーズ1号2点本塁打で再びリードを4点に広げたところは、イーグルスの勢いと打線の好調さ表れだった。


 再びリードが広がったことで当然、川岸続投と思いきや九回ウラのマウンドには#62福盛和男。念には念をか延長戦は無しと踏んだからか、しかし結果的にはコレが裏目の大誤算。
 1死後、田中賢・森本・稲葉と3連打を浴び1失点。高橋を四球で歩かせ満塁とされると、スレッジにまさかの逆転満塁弾を浴び試合終了。
球数121・被安打8・奪三振6・与四死球2・失点4(自責4)の粘りの投球は実らなかった。


 相性を考えれば、球数が120を越えていたとはいえスレッジまで投げさせていれば、藤原も1死だけと割り切って投げられたかもしれないし、藤原でなく川岸をすぐにと言うことも有ったかもしれない。
 さらに2球しか投げていない川岸を回をまたがせずに福盛にというのも納得の出来ない采配だった。


 痛い痛い敗戦では有るが、獲らなくてはならない勝ち星4は代わらない。ゲーム差3をひっくり返そう。ぐらいの気持ちで連勝してほしい。4連勝、シーズン中の成績を考えれば出来ない数字ではない。下を向いている暇は無い、上を向いていこう。


 てっぺん獲るぞ、東北楽天ゴールデンイーグルス。

>> DATA
posted by petitenYOS at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(5) | 【CS2ndステージ】
2009 10/23[Fri]
札幌ドーム
●楽天 1 − 3 日本ハム
 前日、まさかの逆転負けを喫して大事な初戦を落としたイーグルス、なんとしても勝ちの欲しい第2戦の先発は、#21岩隈久志・#31藤井彰人のバッテリー。

 初回表1死後、#2渡辺直人が左翼前に#46鉄平が右翼前にと前日も8点を挙げた打線の好調さを見せたが、後が続かず先制点には繋がらなかった。

 一方岩隈の立ち上がりは、先頭の田中賢を三振に斬って獲るも、森本に中堅前へと運ばれ出塁を許す。しかし、稲葉を空振りの三振、このとき森本が走り藤井の2塁送球が一塁側に逸れ中前まで転げる間に三進。三塁に走者を置きながらも、高橋を二ゴロに打ち獲り無失点で終えるまずまずの滑り出し。

 二回ウラも走者を出すも後続を断ち無失点、三回は奪三振2を含む3者凡退とファイタース打線を見事に断ち切った岩隈が序盤を0に抑える。
 打線も走者を出しながら相手先発:糸数を攻めあぐんでいたが、四回表先頭の#5F.セギノールにクライマックスシリーズ2本目となる本塁打が出て1点を先制。

 しかし、そのウラ回先頭の稲葉に二塁打を許しつつも、高橋を一ゴロ・スレッジを一直と二塁に釘付けにしていたが、小谷野への3球目の外の直球を右翼線へと運ばれ同点に追いつかれてしまう。

 中盤はそのまま両投手共に踏ん張り、お互い追加点の無いまま迎えた終盤七回、イーグルスは藤井の右前打と鉄平の敬遠で2死二・一塁の好機に4番#7山崎武司が左飛に倒れ無得点。
 一方そのウラ岩隈も1死から金子誠・田中賢と連打を許し、森本を捕ゴロに打ち獲り2死とするも稲葉を敬遠して満塁として迎えた4番高橋。ココまでキッチリ抑えていただけに勝負だったが、2球目の内角の変化球が高めに浮いたところを叩かれ2点適時打となる左前打を許す。

 結局ココが勝負の分かれ目、岩隈は8回を投げきり球数125・被安打9・奪三振6・与四死球3・失点3(自責3)の投球も、打線はファイタースの中継ぎ・抑えを(八回表に無死満塁の好機を作るも、本塁封殺x2・空振り三振で無得点と)打ち崩し切れず、更に痛い連敗を喫してしまった。


 ここぞの1球をモノに出来なかった4番と、モノにした4番の差が出た結果となった。しかし、14残塁とはもったいないお化けが出ちゃいます。


 もう後はありません。有りませんがまだで終わってもいません。勝つしかないぞ東北楽天ゴールデンイーグルス。


>> DATA
posted by petitenYOS at 11:50 | Comment(2) | TrackBack(3) | 【CS2ndステージ】
2009 10/24[Sat]
札幌ドーム
○楽天 3 − 2 日本ハム
 前日エースを投入して落としてはいけない星を再び落とし瀬戸際まで追い詰められたイーグルス、昨夜の先発はリーグ戦では対ファイタース3勝負けなし防御率も1点台と相性抜群の#18田中将大、マスクは#44中谷 仁が被った。

 打線は初回、先頭の#4高須洋介が相手先発:八木の3球目を捕らえ右翼前へ、コレを#2渡辺直人がきっちりと送り1死二塁と好機を作って3番4番に回したのだが、前日同様会えなく凡退に終わり先制点を挙げる事ができなかった。
 しかし、打線とは対称的に田中の立ち上がりは、田中賢を一ゴロ・森本を見逃しの三振・稲葉を三ゴロと始めから氣持ちの入った投球で3者凡退の上々の滑り出し。
 二回には回先頭の高橋に初球を右翼席まで運ばれるが、コレで目が覚めたかスレッジ一ゴロ・小谷野三ゴロ・糸井を中飛といずれも凡打に打ち獲り最小失点に食い止める。
 三回には1死後、金子誠・田中賢と連打を浴び三・一塁の窮地に立つも、森本を今度は空振りの三振・稲葉を一ゴロと打ち獲り何とか凌ぐ序盤となった。

 しかしピンチの後にチャンスありで中盤に入った四回表、回先頭の渡辺直が同点に追いつく左翼越本塁打を放つと、鉄平が右前打で続き1死後#5F.セギノールにも右前打が出て前の回と逆に1死三・一塁の好機を作る。ココで左キラー:シャーパーこと#64中島俊哉が得意の内角の直球を捉え適時左前打
で勝ち越しに成功。続く#3トッド・リンデンの当たりはボテボテの遊ゴロ、しかし中島の走塁良く送球より早く二塁に達した様に見えたが判定は封殺。当然、野村監督が抗議に出たが判定は覆らずもまだ勝利への情熱が消えていない事を見せると#12草野大輔の当たりは左翼前へ、森本が飛びつくも捕球できず見事適時打となってリードを2点に広げた。

 その後五・六・七回と田中の好投とファイタースの1イニング1人づづの継投の前に、六回表に中島が四球で出塁した以外はお互い走者が出ず試合は硬直。
 八回表に渡辺直が中前打で久しぶりに出塁するも、後が続かず点には結びつかなかったが、コレで試合が動き始める。そのウラ代打:稲田にフォークを上手いコト掬われて出塁を許すと、金子誠にも三遊間を抜かれ田中賢に犠打で送られ1死三・二塁のピンチ。森本に中犠飛を打たれ1失点、なおも稲葉を四球で歩かせこのシリーズ初戦で見たように流れがファイタースへ行きかけたところを、田中氣迫の投球で本塁打を許した高橋を空振りの三振に仕留め再び勝利を手繰り寄せた。

 九回もマウンドへ登った田中、スレッジを空振りの三振・小谷野を投ゴロ・糸井を左飛に打ち獲り、球数126・被安打6・被本塁打1・奪三振6・与四死球1・失点2(自責2)の完投勝利。


 田中の氣迫の力投と渡辺直の氣合で持って行った本塁打、中島の負けられないと言う氣持ちで打った適時左前打、まさに氣で掴んだ1勝だ。

 負けてイイ試合なんか無い、やるなら勝ちあるのみ。後3つ勝って仙台でまた試合をするぞ。

 越えろ!東北楽天ゴールデンイーグルス。

>> DATA
posted by petitenYOS at 02:17 | Comment(3) | TrackBack(9) | 【CS2ndステージ】
2009 10/25[Sun]
札幌ドーム
●楽天 4 − 9 日本ハム
 前日#18田中将大の力投で何とか連敗を止めたイーグルス、連勝へ向け先発したのは#15藤原紘通・#44中谷 仁のバッテリー。

 その藤原の立ち上がり、先頭の田中賢を二ゴロに打ち獲り続く森本のは中堅へ抜けようかという当たりを#2渡辺直人が必死に追いつき一塁送球もワンバウンド、#5F.セギノールが捕球できずに内野安打。
 ココから稲葉に甘く入ったトコロを中堅前に、高橋には四球を与え早々に1死満塁のピンチ。スレッジに中堅深く犠飛を決められ1失点、続く小谷野を二飛に打ち獲り失点を最小に抑えた。

 しかし、続く二回ウラ先頭の糸井を左前打で出塁させ、大野の犠打と金子誠の三飛で2死まで漕ぎ着けるも、田中賢に初球を叩かれ三塁打で2点目、森本には左翼席まで運ばれビハインドは4点に。


 打線のほうは相手先発:藤井に序盤三回まで無安打と完璧に抑え込まれていたが、3回ウラからマウンドに登った#41青山浩二が走者を出しつつも走塁ミスに助けられ0で抑えた直後、打順が二周り目に入った中盤四回に反撃開始。
 #4高須洋介が甘くなったトコロを見逃さず左前打で出塁、その後2死となるも#7山崎武司が中堅前で続き2死二・一塁。ココでセギノールが一二間を抜き二塁から高須が還って1点。#64中島俊哉が四球を選んで満塁として#9宮出隆自。ヤクルト時代の同僚の内角の直球を中堅前に弾き返し1点差まで追い上げる。

 中盤は、そのまま青山が四球で走者を出しつつも0に抑えたが、終盤に入った七回ウラ1死後、高橋・スレッジ・小谷野と三連打を浴び1失点して降板。#57小山伸一郎が継いで糸井を遊ゴロに打ち獲るも鶴岡にボテボテの三ゴロ、あまりに打球が死んで結果スクイズと同じコトとなってリードを再び3点に広げられた。

 直後の八回表にセギノールの右前打で2点差まで追い上げるも反撃はソコまで。逆にそのウラに森本の右前打・稲葉への四球で2死三・二塁で迎えたスレッジに、志願登板の#21岩隈久志・#31藤井彰人のバッテリーを当てたが内角の直球を右翼席に運ばれる3点本塁打で返り討ちにあい勝負あり。

 九回表は相手の抑え武田久に対し先頭の#12草野大輔が出塁するも、後が続かず激闘を見せてくれた2009年のイーグルスのシーズンは終わり、野村監督は再びクリネックススタジアム宮城で指揮を執ることなく楽天を去ることが決まった。


 八回、岩隈を投入してのアノ結果、悔いは無い・・・まったく無いかと聞かれれば嘘になるが、アノ場面誰が出て抑えても打たれても、納得の行く結果だった。中一日開けた先発よりも監督の信頼を得られなかった中継ぎだったと言うことだろう。来季の課題はココと正捕手の座を誰が獲るかに注目したい。


 そして、放心状態のままNHK・BSの放送をそのままにしていると、野村監督の胴上げを見ることが出来た。両軍選手合わさっての胴上げに感動、稲葉や吉井投手コーチなど野村監督ゆかりの選手がいたことで実現した様だが、なんとも粋なことをしてくれる。


 野村監督がコノ後どこかで監督を続けるかは分からないが、4年間有難う、そしてお疲れ様でした。

 >> DATA
posted by petitenYOS at 10:41 | Comment(2) | TrackBack(5) | 【CS2ndステージ】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。