2009 05/10[Sun]
千葉マリンスタジアム
●楽天 3 − 4 ロッテ
海浜幕張駅前千葉マリンスタジアム
 初ビジター観戦のために千葉へとやってきました。海浜幕張の駅を降りると、すぐに敵の先制攻撃です(笑)。それにひるむコト無く突き進み、ホテルにチェックインし荷物を降ろしていざ千葉マリンを目指します。
レフトスタンド最前列から晴れ間が見えますが、雨は降っています。
 球場に着いたコロからポツポツと降り始めましたが、空には晴れ間が見えていたのでそう心配はしていませんでした。通り雨かと思っていた雨は、球場内に入ってからも止むことは無く、試合中もシトシトと降りつづけました。

 試合のほうは1死後、#00中村真人の打球が早速こっち向かって飛んできます。風に乗ってグングンのび白球が大きくなってきますが、スタンドまでは届きませんでした。目を上げれば中村真は2塁を回って3ベースに。これを#7山崎武司の適時2塁打で返して早々に先取点を挙げる上々の展開で始まったのですが・・・。

 雨の影響か先発の#30永井怜のストレートに切れが無く2−3の場面が多いフルハウス投球。守りでも先頭のランビンのフライ、コレも雨と風の影響で#0内村賢介がまさかの落球なんてミスもあり西岡に2ランを許し逆転されてしまいます。
 コノ頃から(応援に集中して気づいてなかっただけかもしれませんが)雨が断続的に強くなったり弱くなったりしていました。負けたまま降雨コールドは嫌だなぁ・・・と思い始めた三回、先頭の#2渡辺直人が右中間への2ベースで出塁、続く中村真がきっちり送って打席には#12草野大輔、「タイムリー、タイムリー草野」と声を張り上げていると、打球はライト方向へ霧状の雨で打球を見失っていると、ライト(ランビンだったかな?)が追うのを止めライトスタンドが騒がしくなっています。打球は見えませんでしたが入った模様で逆転に成功。
選手がベンチに帰ったとたんに土砂降りです。
 このままいけば・・・と思いきや、そのウラ今江の左中間3塁打とランビンに粘りに粘られ根負けの四球を出したところで審判団が集まり即中断です。選手がベンチに入ったのを見計らったかのように土砂降りになりました。コレは審判団ナイスジャッジです。
 中断中、双眼鏡でベンチを覗くと#46鉄平が野村監督に呼び止められています。世間話かと思いきやいつのまにか鉄平は嶋がいつもやってるように直立不動です。他には#5セギノールはキャッチャーのマスクを被っておどけておりました。
 そんな事も有っての40分間の中断後、忘れていましたが無死3・1塁の大ピンチです。対する福浦に四球を出して満塁です万事休すです。しかし、永井踏ん張って西岡3塁飛、井口にはセンターへ犠牲フライを打ち上げられ同点とされましたが、大松を三振にとって逆転は許しませんでした。

 そんなこんなで試合が成立する五回ウラ、永井すんなり2死を獲ったものの西岡に四球を出してしまいます。そのまま2盗も許し井口に適時打で再逆転を許してしまいます。詰めが甘いです。
8安打で3点・・・。
 イーグルスのオフィシャルHPでは濃い霧でとなっていましたが、6回が始まる前に打ち上げた花火の煙が、球場を屋根のように包んだかと思ったら、マウンド付近からグランドに降りてきて一瞬中断しかけるなんてことがありましたが、試合自体は硬直しそのまま反撃できずに終了。初遠征は黒星となりました。

【GALLERY】
コノ日はレフトスタンドも人は少なめです。雨が上がりました。雷が2発、間を置いて鳴りました。

>> DATA
posted by petitenYOS at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | 09.05/08【対ロッテ6回戦】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。