2009 04/11[Sat]
クリネックススタジアム宮城
西武 6 − 0 楽天●
090410_16:54

 開幕からはや1週間。
 我が家も開幕を迎えるべく、クリネックススタジアム宮城へ向かった。2009年・我が家の初観戦試合は意外な、というか我が家にしてみると「またぁ?」という結果に。


090410_17:58 今日の先発は#21岩隈久志、マスクはやっぱり#31藤井彰人だ。
 2007年の開幕試合以来、岩隈とは相性の悪い我が家。完投どころか責任投球回数を投げたところすら見た事がなかった。(いや、今調べてみたら2005年の初観戦の時も先発は岩熊で8回を投げ敗戦でした。)
 そんな経緯が有り、岩隈の時はスターティングラインナップの紹介を聞いた後でもマウンドに登る姿を見るまではチョッと心配なのです。
090410_18:12 やはり相性の悪さでしょうか、岩隈初回から捕まります。片岡を追い込んでいながらライト前へ持って行かれ、盗塁を許すと中島にもライト前へ、さっそくの1失点です。
 写真のごとく雲行きが怪しいピッチングでしたが、二回は3者三振に獲るエースらしいピッチングに戻ります。三・四回と本来の打たせて獲るピッチングで投手戦の様相ですが、打線の方は三回ウラ、2死ながらも満塁のチャンスに1点も獲れず岩隈を援護できません。
 すると五回、今度は2死から四球を2つ続けて満塁のピンチです。抑えてくれると信じていましたが、中村の打球は右中間へ・・・。ココに来てまさかの2失点です。
090410_20:09 六回のマウンドには#42M.グウィンが登場。岩隈続投と思っていただけに、また何か違和感でも?と思ったのですがKOという判断だったらしいですね。スタンドではラジオも持っていなかったので詳しい球数は分かりませんでしたが、打たれたし四球もあったので、球数もあったかなとは思っていました。帰ってデータを見ると92球と言う事なので、やはり六回のマウンドは無理だったんでしょう。
 そのグウィン、G.G.佐藤に打たれるも石井義を併殺・細川を三振と結果3者凡退で切り抜ける上々の内容。と思っていたら七回のマウンドには、前回5四球で自滅した#36朝井秀樹。リベンジの機会が与えられたのかな?なんて思ってみているといきなりボカチカに一発を浴びます。
090410_21:25 その後は立ち直ったかに見えましたが、捕手が#48伊志嶺忠に代わった八回、先頭にまたもや四球を与えてしまいます。しかし、今日はそんなことでは崩れませんその後3人を三振に斬って獲り九回のマウンドも任されました。前の回から数えて5者連続三振で2死としたところで気が緩むところは彼の若さでしょう。3連打を浴び2失点です。
 打線は三回に満塁のチャンスを作って以来ひとつも良い所なく、今季2度目の完封負けを喫してしまいました。

 どうしても岩隈の先発試合でイイ思いの出来ない我が家。波長が合わないのかなぁ・・・。一度も岩隈に当たらなかった2008年はあの活躍・・・行かない方がイイのか?

>> DATA
posted by petitenYOS at 03:22 | Comment(2) | TrackBack(4) | 09.04/10【対西武1回戦】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。