2008 03/20[Thu]
福岡Yahoo!Japanドーム
 楽天 3 − 4x ソフトバンク
 昨シーズン不動の4番#7山崎武司を5番に下げてのスターティングで始まった2008パシフィックリーグ開幕戦。対戦相手はソフトバンクホークス、先発はその山崎が苦手とする杉内だ。
 1回表、あっさりと1番渡辺直人が出塁すると、オープン戦結果を残し今日2番に入った#46鉄平が続く。ココで3番#12草野大輔がポコンと外野に転がせば幸先良く・・・と思っていたところ三振、その時一塁走者鉄平が動いた。鉄平が挟まれる感に渡辺がホームを突くも、タッチアウト。ここで山崎だったら、凡退で終わっていたのかもしれなかったが、今日の4番は#17フェルナンデス。杉内に苦手意識の無いホセは、見事ライト前へとはじき返し1点先制。
 これで気持ちよくマウンドに登ったのが2年連続開幕投手の#21岩隈久志。投球回数7回・奪三振5・被安打4・1失点の成績。開幕投手としては上々の出来、少なくとも相手の杉内よりはしっかりとした内容だろう。しかし、100球に満たない中8回のマウンドに岩隈が登る事は無かった。#41青山浩二が1/3、#40吉崎勝が2/3を無失点で8回を繋いだのだが・・・。
 今ひとつピリッとしない#57小山伸一郎に代わって抑えに回った#50ドミンゴ、コレが大誤算。先頭の多村の三塁ゴロが内野安打になってしまったのはアンラッキーだったが、その後1アウトも獲れずに松中にはライトフェンス直撃の2ベース・次の柴原にライトスタンドへ突き刺さる逆転サヨナラ3ランを浴びてゲームセット。ふがいない。

 しかし、コレではっきりとしたのが抑えがしっかりすれば今シーズンのイーグルスの更なる躍進は約束されたようなものだ。と言うこと。
 さて、その大役を誰が果たしてくれるものか、ノムさんの頭にソノ男の姿が見えているのなら心配は無いのだが・・・。

posted by petitenYOS at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(8) | 【2008公式戦】
2008 03/23[Sun]
福岡YAHOO!Japanドーム
楽天 4 − 5x ソフトバンク
 20日の開幕戦から3戦、Kスタ宮城となった球場を無料開放しパブリックビューイングすると言うプレオープンデイが開かれていたので22日の試合はKスタでの観戦になりました。ソノ模様は下とコチラから。

 開幕戦の悪夢から一日おいての昨日、仕切りなおしの気持ちで臨んだ楽天イーグルス。先発は昨年、見事新人王を獲った#18田中将大
 田中が投げれば打線も奮起の昨年同様1回の表から点を重ねる打撃陣。1回裏アンラッキーな内野安打とライト前ヒットでランナーを三塁まで進め、松中を三振にしとめた球がワイルドピッチとなり1点を許すものの2回以降は持ち直すまずまずの出来。波に乗ったかと思われた5回裏、再びワイルドピッチで1点献上。8回、更に1失点。この時点で4対3、完投を願ったが134球で降板。本人からの申し出だったようだ。どこかに違和感でも感じていなければいいのだが・・・。
 その後は野村監督、苦心の継投が続く。アノ負け方で#50ドミンゴだはないろうという雰囲気の中#13小倉恒の登場。しかし先頭の多村に3ベースを打たれ降板。つづいて#41吉崎勝、松中を三振つづく柴原をファースト強襲のゴロをフェルナンデスが弾きこれを高須が捕球そのまま1塁ベースを踏むという珍しいセカンドゴロにしとめたところで、誰もが目を疑うドミンゴ登場。パブリックビューイングの会場Kスタのスコアボードには一時#49インチェの表示がされていたのでなおNESTの中はドミンゴの登板にどよめいた。
 松田に1塁線を抜かれ同点に・・・。その後何とか3アウトとし延長戦へ。10回も続投、良い時のドミンゴの投球が見られた・・・ってことはもっと早くから肩作り始めればいいんじゃ?・・・なんていってた11回、先頭の多村を三振に獲ったところで、ドミンゴ降板。マウンドに上がったのは#34渡邉恒樹。昨シーズン楽天の中で一番マウンドに上がったこの男、みんなの期待の目の中なんだか投球練習がおかしい・・・。踏み出す足を付くところがおかしいのか、上半身が崩れる。大丈夫か?と思っていたら、松中を四球で歩かせて降板。#65松本輝にマウンドを託すが、燃え盛る火を消すことはできなかった。

 なんとも疲れるこの試合、9回ウラの土壇場で勝ちの消えた田中もついてないかったが、11回に登板し四球一つで降板し負け投手に、更にその際前から痛めていた椎間板ヘルニアを悪くし手術のため1軍登録抹消という渡邉恒樹が一番痛い試合だったのかもしれない。

屈辱・・・。


 KスタへGO >>
posted by petitenYOS at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(4) | 【2008公式戦】
2008 03/23[Sun]
福岡YAHOO!Japanドーム
楽天 0 − 4x ソフトバンク
 今年こそはAクラス否、優勝を目指すチームとして開幕を迎えたイーグルス。しかし、ソフトバンクとの3連戦は3連敗と最悪の船出となってしまった。
 エース#21岩隈久志でも駄目、新人王#18田中将大でも駄目。そして今日、3本柱の1人#36朝井秀樹でも開幕初勝利は獲れなかった。ソフトバンクのルーキー大場と投げ合った朝井は8回田上に捕まるまで良いピッチングだった。100球を越えていたが、ルーキーには負けたくなかったのだろう田上・川崎に外野に持っていかれ1失点、つづく本多を三振に獲るものの多村に2ランを浴びて降板。その後は昨日までイイ仕事をした#40吉崎勝が継ぐも四球とセンター前でランナーを溜め降板。その後#13小倉恒が1失点で抑えたものの16イニング得点の無い湿りきった打線に火がつくことは無く、無得点を17イニングへと延ばしてゲームセット。
 力投を見せた朝井を早く助けたい思いが先行したのか、ルーキー相手に三者凡退の山を築いた。朝井は1球の失投に泣いたわけだが、我がイーグルス打線はルーキーの失投を誘うことすら出来ずに開幕3連敗という結果に…。

 野球は相手より点を多く獲るゲーム、無得点では草野球のチームにでさえ勝てるはずが無い。


1軍登録情報(3/23付)
 登録|#0  佐藤宏志(投手)/#36 朝井秀樹(投手)
 抹消|#34 渡邉恒樹(投手)/#68 枡田慎太郎(内野手)
posted by petitenYOS at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(10) | 【2008公式戦】
2008 03/26[Wed]
京セラドーム大阪
楽天 4 − 5x オリックス
 17イニング無得点だった打線は、コノ日1回表に1点先制し勝利への気持ちを示した。
 一方、先発の#11一場靖弘は2つの四球を挟むものの2つのフライと三振で1回ウラを0点で抑え今日こその気持ちを示した。
 2回ウラ7番後藤に2ランを浴びるも、3回表に#17フェルナンデスのタイムリーで再びリード。しかし、このリードを一場は守る事は出来なかった。5回、先頭の日高に四球を出しその後、開幕以来ヒットの無かったカブレラに初ヒットを献上するなどして3失点。結局80球・自責点5・三振4・与四死球3でマウンドを降りた。
 一場の後を継いだ#65松本輝も#41青山浩二も久々の登板の#49インチェも最後をきっちりと抑えた。#0佐藤宏志だけは1つもアウトがとれなかったが、青山は今年習得のフォークが何とか使い物になり、インチェも三振は1つも無いものの、打たせてとる投球で#34渡辺恒樹が抜けさらに厳しくなった左の中継ぎに名乗りをあげた。
 全ての選手が勝利への気持ちを見せた試合、マウンド上で独り気持ちを空回りさせていた一場。気持ちのコントロールの仕方を、自身のブログのタイトルにまでしてる#18田中将大に習うべきだろう。

 半月板負傷で開幕1軍を飾れなかった#20長谷部康平、手術を回避してリハビリ中らしい1軍へ上がるのも早くなるかもしれない。負けてもしょうがないという敗戦は1つもなかった、開幕5戦。きっちりと歯車がかみ合えば、連勝も出来る戦力がついている。ソノきっかけを早く掴んで欲しいものだ。
posted by petitenYOS at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(3) | 【2008公式戦】
2008 03/26[Wed]
京セラドーム大阪
楽天 11 − 0 オリックス

 「初春や 初物づくしの 初勝利」

 理想的な展開だった。先制点を入れ、次の回に突き放すように5得点、中押しがあって駄目押し。#17フェルナンデスに1本が出て、途中出場の#7山崎武司にも今季初HRが出る。先発の#30永井怜は無四球完投の完封。これ以上無い『開幕』だ。


 ありがとう永井怜。

#30永井怜です。

 ありがとう東北楽天ゴールデンイーグルス。

 これが2008イーグルスの真の姿だ。
posted by petitenYOS at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(9) | 【2008公式戦】
2008 03/27[Thu]
スカイマークスタジアム
楽天 2 − 0 オリックス
 被安打2・無四球・三振7とラロッカ・ローズ・カブレラを擁する重量打線を見事封じた#21岩隈久志。1回表の#7山崎武司の先制タイムリー、昨日1人無安打で途中交替となった#55リックの7回表のソロHRもあるが、なんと言っても今日のヒーローは今季イーグルスに初勝利をもたらした#30永井怜を上回る成績で勝ちを掴んだ岩隈だろう。
 コースを際どく突く切れの有る直球、相手のウラを掻く変化球。初回から9回最後の1球まで、集中を切らさぬピッチングはクールに燃える青い炎のように見る者を魅了した。まさに俺がエースだと言わんばかりの、横綱相撲だった。
 
 1つ付け加えるとしたら、9回ウラ先頭の代打・村松の放った難しい打球を見事処理した#17フェルナンデスが岩隈の完封勝利に一役かったのは間違いないだろう。

 8回表、満塁のチャンスに無得点だった打撃陣には、一抹の不安が残るものの、今日は何も言わないでおきたい(笑)。
posted by petitenYOS at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(7) | 【2008公式戦】
2008 03/28[Fri]
 悪夢の開幕4連敗で始まった'08シーズン、その後#30永井怜と#21岩隈久志の2連続完封勝利で迎える明日のホーム開幕。
 いよいよである。ミスがあって開幕の席は取れなかったので、明後日がウチの開幕になる。明日はネットとテレビの前での観戦だ。先発は#18田中将大、相手は#18藤井秀悟、同じ18番対決だがホームです。マー君です。3連勝は見えたも同然でしょう。

 待ちきれん。


1軍登録情報(3/28付)
抹消│#0 佐藤宏志(投手)/#65 松本輝(投手)

posted by petitenYOS at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【2008公式戦】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。