2011 08/09[Tue]
日本製紙クリネックススタジアム宮城
北海道日本ハム 4 - 2 東北楽天●


3連敗にガマンならず(嘘)Kスタに来てしまいました。 on Twitpic
昨夜は右翼外野席に新設されたペアシートで観戦してきました。バックスクリーンとライトポールの中間ぐらいで見やすい高さです。間に小さなテーブルと荷物置きがある2席ごとに区切ってあり
|○□○|○□○|○□○|
な感じで3組1列の並びです。

試合は#11塩見貴洋と斎藤佑樹のルーキー対決。

前回の対決は塩見に軍配が上がりましたが、今回は初回2死から糸井に安打を許すと続く中田に左翼席に運ばれ早々に2失点と苦しい立ち上がり。
打線は三回1死から#63牧田明久が四球選で出塁、#32松井稼頭央の中前打で三・一塁とすると#0内村賢介がスクイズで1点を返し、自らも生きて二・一塁とつなげたが、後続が断たれ追いつけず。

斎籐を引きずり下ろしたよ‚ˆ on Twitpic
五回2死三・一塁から中田に二塁打を許して引き離された直後のウラの攻撃、#4高須洋介の適時打で1点を返すと、斎藤佑をマウンドから引きずり下ろすことはできたが、やはり後続が断たれそのまま試合動かず終了。

今季まだ観戦試合で白星なしです。(┳◇┳)
 on Twitpic
塩見の投球はそんなに悪くは無かったようでしたが、四死球5の斎藤佑を打ち崩せない打線の方に不安を感じた。とくに4打席三振と、かたや4打点の活躍とでは比べようもありません。ファンとしては奮起を願うばかりですが、あまり背負い込みすぎず球だけを見て振ってほしいものです。

>> petitDATA
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。