2008 06/01[Sun]
クリネックススタジアム宮城
広島 2 − 1 楽天
 グズグズの天気の中、復活の狼煙となる2本のホームランですっきりと勝った昨日の試合とはうって変わって、今日の試合はイライラの募るものだった。
 先発はこのところ調子を上げている#50ドミンゴ。その初回、1アウト後2番東出をセンター前のヒットで出すものの、3番アレックスをライトフライに取って2アウト。ここで4番栗原の打球は、ハーフライナー気味にレフト前へ#55リックは安全策をとってワンバウンドキャッチ。マウンドから見たら捕れなくも無いように見えたのか、ドミンゴの表情は曇る。続く5番前田の当たりはショート後方へ、#2渡辺直人がダイビングしてグラブに当てるも捕球ならず東出がホームインで1失点。不運な当たりが続いての失点に、イラっとした表情のドミンゴ。6番嶋をライトフライにとってこの回を最小失点で終えた。
 打線のほうは、そのウラ1アウト後に#4高須洋介が出るものの#12草野大輔はセカンドゴロでランナー入れ替わる。ココで草野が二盗を決めるも、#7山崎武司は四球で歩かされる。2アウト2塁・1塁でリックの打球は三遊間を抜けるか?と言う当たりも梵に回り込まれてショートゴロ。
 2回ウラも#46鉄平のレフト前ヒットで3塁まで進んだ#17フェルナンデスが#31藤井彰人のライトフライでタッチアップ、ホームを狙うがアレックスの送球が良くタッチアウト。
 3回・4回と三者凡退。5回はまた鉄平がセンター前に弾いて出塁。ランエンドヒットを試みるも藤井は空振り、鉄平は盗塁失敗。その後藤井も三振、結果的にこの回も三者凡退。今一歩で援護にならない試合展開に、我慢の投球を続けてきたドミンゴも6回ついに1失点。
 2点のビハインドを早く跳ね返したい打線は、6回ウラ先頭の渡辺直が四球を選んで出るも、続く高須はショートゴロ、1球で2アウトになってしまう。意地を見せたかった草野だが、打ち上げてしまいセンターフライでチェンジ。
 7回表はノーアウトで出したランナーをサードまで進められるも、最後は9番石原を空振りの三振にとって失点を許さず。本人もコメントしているように「先発の責任を果たして」この回でマウンドを降りた。そのウラ連打でチャンスを作るもまたもや点には結びつかず。
 やっと点が入ったのは8回ウラ、2アウト後高須が内野安打で出て代走#1塩川達也。塩川が二盗を決めココで草野がショート横を抜ける当たりを放って塩川一気にホームイン。草野に代走#62高波文一、初球に走って二塁悪送球の間に三塁を陥れ、さぁ主砲山崎にバットに期待がかかったがあえなく三振。
 反撃も1点止まりで迎えた9回表、先頭のリックがフルカウントまで粘り自信を持って見逃した外角低めのストレートに審判の判定はストライク。何度もチャンスがありながら、得点に結びつかないイライラが爆発。審判に対する暴言で退場となってしまった。
 その後もフェルナンデス三塁ゴロ、#25横川史学も見逃しの三振。と昨日のイーグルスとは別のチームか?と思うような力なさ・・・。

 こんな展開じゃぁ温厚で紳士的な、まれに見る優良外国人助っ人・リックだってキレちゃうよ。ふぅ・・・。ノムさんが貯金月間と銘打った6月は黒星スタートになっちゃったけど、スタートが悪いのは今季のデフォルト(4月以外は黒星スタート)っぽい。おまけに開幕3連敗のときのように、抑えが打たれて・・・なんて悲しい負け方じゃぁ無い。なんて慰めてみるか・・・。
posted by petitenYOS at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(6) | 【2008公式戦】
2008 06/03[Tue]
クリネックススタジアム宮城
阪神 4 − 11 楽天
 台風崩れの熱帯低気圧の影響で必ずしもイイ天気とはいえない中、行われた今日の試合の先発は、ココのところ新人王の名前に甘んじることなく次の次元を目指すべく苦しんでいる#18田中将大だ。
 俗に言う2年目の・・・に苦しむ田中の立ち上がりは、先頭の1番赤星にレフト前に運ばれて2番関本に送られ、3番新井にセンター横を抜かれて1失点とお世辞にもイイとは言えない出来だった。
 しかし、今日の打線は次期エースの出来を補って余りある物だった。1番#2渡辺直人がレフと前に落とし出塁すれば、2番#4高須洋介が送り更に渡辺直が三盗を決める。1アウトながらここまで来ると相手投手ベテラン下柳と言えど当たっている#55リック、#7山崎武司を向かえると8球連続のボール球で2連続四球、満塁としてしまう。ココで#17フェルナンデスの当たりはボテボテのショートゴロも、ホセの全力疾走で併殺を逃れる。その間に渡辺直がホームベースを踏んで同点。ココで登場、今日の打のヒーロー#64中島俊哉が左中間フェンス直撃となる2点タイムリー。この回一挙3点を取り逆転。
 この後も打線は繋がり7回以外は毎回得点の11点。田中はその後も失点を重ねるも、3・4・7回の各1失点で計4失点に留めた。
 一見大味に見えるこの試合も、イーグルスにとっては明るい材料が多く見えた。中島の左投手に対する強さ。#26有銘兼久から#51川岸強へと繋ぐ必勝リレーが確立されつつある事。#20長谷部康平の代わりに1軍に上がってきた#28片山博視が四球とヒットによりランナーを背負うものの、4番金本を見逃しの三振に取った事、またその9回表1イニングを無失点に抑えたこと。
 しかし、2年目の田中はノムさんの言うとうり心配が残る。用事が有って4回以降のピッチングは見ていなかったが、#37嶋基宏の構えとは違う“逆球”が多かったのが気になる。ノムさんほど玄人ではないので、フォームの事については感じなかったが思うところに球が行って無いのは感じた。ココはコーチ陣と一丸となって原因究明をお願いしたい。
 1軍に上がってすぐの登板となった片山は緊張が素人目にも分かる程だったが、見事1イニング無失点に抑えたのは何よりだ。それに中島の2号ホームランを含む3打点の活躍も見逃せない。この調子で明日の試合も・・・といって欲しいところだ。
 

1軍登録情報(6/1付)
登録│#28 片山博視(捕手)
抹消│#20 長谷部康平(外野手)
posted by petitenYOS at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(4) | 【2008公式戦】
2008 06/05[Thu]
クリネックススタジアム宮城
阪神 5 − 2 楽天
 交流戦も折り返しとなる昨夜の試合、先発は今季交流戦負け無しの#30永井怜だった。立ち上がり先頭の1番赤星をセンター前ヒットで出し、2番関本に送られるものの3番新井をショートゴロ・4番金本を空振りの三振に抑えるまずまずの出来だった。
 しかし、2回は9番藤本に・3回は5番桧山に、ともにライトオーバーのタイムリーを浴び2失点。ココで踏ん張れれば良かったのだが・・・、5回この回先頭の赤星に四球を与えると、関本に送られ新井には四球を与え1アウトながら2塁・1塁とランナーを溜めたところで、金本にライトスタンドに運ばれてしまい3失点で5点のビハインド。
 前夜のお返しとばかりのワンサイドゲームになりかけた5回ウラ、この日初の1番に入った#55リックが詰まった当たりが幸いするかたちでセンター前に落として出ると、2番に入った#46鉄平が初球インコースの難しい球を金本と同じライトスタンドへと運び2点を返した。
 しかし、反撃もココまで以降両軍点が動く事は無く最後はJFKの継投でピシャリと抑えられる。しかし、やられてもタダでは終わらないのが今季のイーグルス。先発の永井が8奪三振、続いた#41青山浩二が2奪三振、#26有銘兼久・#56松本輝・#40吉崎勝が1奪三振と計13奪三振。セリーグのチームとしては初となる代打も含めての全員から三振を取った投手陣。

 リリーフ陣がこのところ無失点で抑えるケースが多く、昨夜も5回の1発がなければ、分からなかった試合だっただけに先発には一踏ん張り欲しいところ。交流戦も折り返しオールスターのファン投票も始まった。開幕からの疲れが出てきているだろうが、交流戦は2戦1休なので身体も気持ちも上手くコンディションを整えて欲しいところだ。


オールスターファン投票が始まりました。
投票はコチラから↓
オールスター08
posted by petitenYOS at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 【2008公式戦】
2008 06/06[Fri]
横浜スタジアム
楽天 14 − 5 横浜
 前回気迫のピッチングで巨人戦を制した#36朝井秀樹が今日の先発。立ち上がり先頭の金城を出すものの無失点で抑える。2回以降も両軍ともランナーを出すものの得点へと結びつかない投手戦となったが、流れが変わったのが5回表、この回先頭の#25横川史学がプロ初のソロホームランを放ってからだった。
 そのウラ朝井が2アウト3塁・2塁のピンチを迎えるも無失点で切り抜けると、6回表打線は一気に爆発。この日今季初の1軍スタメンでショートに入った2番#32沖原佳典の右中間を破る2ベースに始まり#55リックのタイムリー2ベース、横川の代打に入った#4高須洋介が粘って2点タイムリー、ピッチャーの朝井が自らライト線に落としてタイムリー、トドメは1番に入った#46鉄平のバックスクリーンに飛び込む3ラン。打者一巡の一挙7得点。
 しかしそのウラ、テンポよく2アウトを取った朝井の隙を見逃さなかった4番村田に場外まで運ばれるソロHRを許す。しかしソレでしぼむ楽天打線ではなかった。日頃援護の少ない朝井を盛り立てるべく更に、#17フェルナンデスのタイムリー、#62高波文一のタイムリー、#31藤井彰人の内野安打の間に1点とリードを10点に広げる3得点。
 いつに無い大量援護に調子が狂ったか朝井、7回ウラ2アウトから2ランとタイムリーで3失点。1アウトを残してマウンドを#41青山浩二に譲る。青山は村田をセンターフライに取ってチェンジ。8回ウラのマウンドには#51川岸強が登ったが、2アウト後代打2人につながれて1失点。
 じわじわと追い上げる横浜打線を振り切ったのは9回表、四球2つとセンター前ヒットで1アウト満塁のチャンスを掴むと、藤井の内野安打がタイムリーに、代打#61憲史のゴロでライト前へタイムリー、この日大当たりの鉄平がレフト前へタイムリーと3得点、今季初となる17安打14得点。
 9回ウラは#28片山博視が先頭の2番仁志を出すものの、その後を三振・三振・センターフライで締めくくった。

 有った事を書くだけでも大変な試合、打ちも打ったりも打たれたりもしたそれにしては、3時間半もかからないで終わったテンポのいい試合だった。

1軍登録情報(6/6付)
登録│#32 沖原佳典(内野手)

1軍登録情報(6/5付)
抹消│#38 山下勝充(内野手)

posted by petitenYOS at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(8) | 【2008公式戦】
2008 06/07[Sat]
横浜スタジアム
楽天 5 − 3 横浜
 今日勝って自身5連勝、チームの貯金も5となる横浜との戦い先発は#21岩隈久志だ。立ち上がりからセカンドに2番でスタメン復帰した#4高須洋介の好守備などもあり、三者凡退に切る上々の滑り出しを見せた。しかし、前回も岩隈とのマッチアップとなった横浜・小林の前にイーグルス打線も5回表まで#32沖原佳典の2安打に抑えられ、試合前半は投手戦となり昨日と同じ展開。
 均衡が破れたのは5回ウラ、5番佐伯にレフトオーバーの2ベースを放たれ先頭打者を出すと、6番吉村に岩隈の頭を越える当たり。コレをカバーした高須の1塁への送球が逸れる間にランナーが還ると言う、アンラッキーな形での1失点。
 嫌な形での失点に雰囲気が悪くならないのが今年のイーグルス、続く6回にエラーを喫した高須がセンター前に弾き帰し出塁。#55リックが四球を選んで出塁すると、#7山崎武司の当たりはゲッツーコースだったが懸命に走って1塁セーフ。1アウト3塁・1塁とすると、#17フェルナンデスがつまりながらも、ショートのグラブをすり抜けセンター前まで転がり同点。ここで当たりが戻り始めていた#61憲史が代打に。この采配がピタリと当たり、今季初となる3ランを叩き出し一気に逆転。
 そのウラを岩隈が3人連続で2ゴロに打ち取り、得点をしてもらったすぐあとに失点を喫した小林とは経験の違うところを見せると、打線も応え7回表に更に1得点。その後、食い下がる横浜打線を振り切って、岩隈は投球数わずか98球で完投し自身9勝目、チームは交流戦10勝目を上げた。

 このところクリーンナップに大きいのが出ていないが、投打がかみ合いイイ感じで勝ち星を重ねるイーグルス。誰かが誰かのために頑張る姿勢は、チーム内にもイイ雰囲気をもたらしているようだ。
 このイイ雰囲気で、先ずは交流戦を戦い抜いて欲しいものだ。雰囲気のイイ間に怪我で戦列を離れている#2渡辺直人や#34渡邉恒樹、1軍に上がるもののしっかりと定着できていないルーキーたちが合流し、クライマックスシリーズまで走りぬいて欲しい。
タグ:交流戦横浜岩隈久志憲史
posted by petitenYOS at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(7) | 【2008公式戦】
2008 06/08[Sun]
ナゴヤドーム
楽天 5 − 2 中日
 前回Kすたでの広島戦で2失点で抑えつつも1点しか援護無く、好投も報われなかった#50ドミンゴが今日の先発。
 立ち上がりこそ三者凡退で抑えたが、続く2回ウラの先頭4番和田・5番中村紀にセンター前へ運ばれノーアウト2塁・1塁のピンチを早くも迎えてしまう。何とか踏ん張って6番李・7番英智を抑えて2アウト3塁・1塁としたが、8番小田をフルカウントまで追いこんでいながら仕留めきれずライト前にタイムリーを打たれ1失点。
 前登板のときとは違って、そのすぐウラに#55リックの犠牲フライですぐに追いついてもらった。しかしそこから試合は両軍ともランナーを出すものの無得点と膠着、中日・中田との投げ合いになった。
 結局ドミンゴが7回を投げ投球数90・被安打6・奪三振4・与四死球1・失点1で先にマウンドを降りた。8回は#51川岸強がT・ウッズを四球で歩かせるもののきっちり抑え無失点。
 延長も覚悟しかけた9回表、代打の#61憲史が四球を選んで出塁すると代走には#62高波文一。交流戦初戦#1塩川達也の2盗・3盗で同点に追いつかれその後逆転の展開が頭に残っていたのか・・・前の回からショートの守備に復帰した#2渡辺直人のバントを慌てて2塁に送球した中田の球は、二塁塁審が大きく避けるほどの暴投。労せずしてノーアウト3塁・1塁のチャンスを掴むと、渡辺直が復帰の挨拶代わりに2盗。ココで鉄平がバックホーム陣形のため浅く守っていたセンターの頭を越える2点タイムリー3ベース。
 その後#4高須洋介に死球を出したところで中田は降板、マウンドには浅尾が登ったが#17フェルナンデスは右中間を破る2点タイムリー2ベース。土俵際で大きく勝ち越す4得点。
 9回のウラにマウンドに登ったのは最近ご無沙汰の#57小山伸一郎、休養充分・連続3三振・・・とは行かずハラハラの小山劇場を展開。しかし、失点も代打井上のタイムリー1点のみ。

 1失点のみで先発の役割を果たしたドミンゴ、前回も援護無く今回も勝ち星はつかなかった。このところ好投を続けているだけに、なんとも可愛そうな気がする。次の登板のときは、鉄平もヒーローインタビューで言っていたように、もう少し早い勝ち越しを願いたい。
posted by petitenYOS at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(5) | 【2008公式戦】
2008 06/09[Mon]
ナゴヤドーム
楽天 3 − 6 中日
 先発の#18田中将大は先頭の荒木にピッチャー返しを受け、センター前に転がされ出塁を許したが後続を断つまずまずの立ち上がり。
 ココ2試合2桁安打の楽天打線は、前回もKスタで1得点に抑えられた山本昌に5回まで3安打無失点に抑えられる。またもベテランの投球術に屈するのかと言う雰囲気だ。
 試合が動いたのは4回ウラ、この回先頭の3番T・ウッズ、5番中村紀を三振に切るも4番和田、6番井上にレフト前に運ばれ2アウトながら2塁・1塁にされると、7番英智にスライダーを上手く合わせられ2点タイムリー。続く小田にもレフト戦へ運ばれ、更に1失点。
 5回ウラはT・ウッズに四球を出した以外は見事に抑えた田中は、6回表の打席には立たなかった。田中の代わりに送られたのが#58木村考壱朗は、ライトフライに倒れる。しかし、怪我から復帰の2人、#2渡辺直人がレフト前に運ぶとすかさず2盗、すると#4高須洋介がセンターオーバーの2ベースでタイムリー。久しぶりに1・2番の活躍で山本昌をマウンドから引き摺り下ろすと、代わった吉見から#55リックが四球を選んで出塁、#17フェルナンデスが死球を受けて2アウトながら満塁のチャンス。ここで代打#61憲史がライト前に抜けるあたりで同点に追いつく。
 そのウラマウンドに登ったのは#41青山浩二、これが大誤算。アウト1つも取れずに2点を献上マウンドを後にする。その後を継いだ#65松本輝、エンドランを阻止すべく外し小田に空振りさせるも、木村の2塁への送球はまれに見る大暴投。結局小田の送りバントで三塁まで進んだ英智が、荒木のタイムリーで帰ってきて3点のビハインド。
 今日4人目としてマウンドに登った#28片山博視が、7・8回と無失点にピシャリと抑え反撃を待ったが適わず敗戦。交流戦、対中日は2勝2敗のイーブンとななった。

 3失点の田中を代える次期、田中の後に出した青山・・・自身も試合後のコメントで認める通り采配ミスだ。そう『山』は『山』でも青山じゃなくて片山だったね・・・ノムさん。(溜息)
タグ:交流戦中日田中将大
posted by petitenYOS at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(7) | 【2008公式戦】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。