2008 02/01[Fri]
 いよいよ、久米島での春季キャンプが始まった。地元のTVニュースでは早くも投手陣がブルペンに入り、キャッチャーを座らせての熱のこもった投球練習の模様が流されている。
 今年は期間も1ヵ月半と短く去年は組めなかった練習試合も今月21日(木)久米島で千葉ロッテと23日(土)は北谷で中日と24日(日)は名護で日ハムと25日(月)浦添で東京ヤクルトと4試合組まれ、来月1日から始まるオープン戦に備える構えだ。

 野手陣は去年と同じく2軍でのキャンプインとなった7山崎武司を始め外野手は、作シーズン1軍で名前を見た選手が2軍でのキャンプインとなったのも見逃せない。

 何とか久米島にいけないものだろうか?球春到来にうずく心。う〜ん。
posted by petitenYOS at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(2) | イーグルス情報
2008 02/24[Sun]
名護市営球場
 楽天7−6日本ハム

 e2byスカパーの16日間無料体験を利用してCSでの今季初観戦。練習試合ながら2年目を迎えた#18田中将大と日ハムルーキー中田の初対決に名護市営球場もなかなかのお客さん。日本ハムのホームということで向こうは1軍中心のラインナップ。コチラはうって変わってまるでファームかと思うほど若手で埋め尽くされたスターティングラインナップ。

  1. #23 聖澤 諒 (センター)

  2. #126中村真人 (レフト)

  3. #68 枡田慎太郎(セカンド)

  4. #24 山崎隆広 (DH)

  5. #27 河田寿司 (ファースト)

  6. #25 横川史学 (ライト)

  7. #35 大廣翔治 (サード)

  8. #1 塩川達也 (ショート)

  9. #39 井野 卓 (キャッチャー)

  10. #18 田中将大 (ピッチャー)



 試合のほうは、1回表・先頭の#23聖澤諒がヒットで出たり塁を賑わすものの日本ハム先発グリンに無得点に抑えられる。
 そのウラ。先発の#18田中将大は立ち上がり2三振を奪うものの、続く稲葉に三塁線を抜ける2ベースを打たれる。しかし小谷野を三振にとっってこちらも無得点と好調な出だしとなった。
 続く2回表。田中の三振ショウに続けとばかりにこの回先頭の#25横川史学がバックスクリーン直撃のHRを放つも、この1点にとどまる。
 そのウラ。注目の田中・中田の対決はコノ日ホーム側からバックスクリーンへと強く吹く風を利用した大人な投球を見せたマー君が三振にとって、先ずは1勝といったところ。しかし、その後鶴岡に2ベース金子誠にセンターオーバーのタイムリー2ベースをゆるし同点に追いつかれる。
 3回は両チーム3人で攻撃を終え4回にイーグルスが1点追加。そろそろゲームが落ち着くかと思いきや、5回からマウンドに登った#50ドミンゴがヒット・四球・タイムリーの悪循環に入って4点謙譲。6回からマウンドに登った#60石川賢もいまひとつピリッとせずさらに1点献上。続いて7回に登板の#49インチェが無得点にしめると、8回に野手陣が奮起2点を上げ追撃体制。9回には#35大廣翔治の逆転3ランが飛び出し勝利した。

 若手の試金石となったこの試合。センターラインの守備の未熟さなど1軍に定着して活躍するには厳しい面も見えた。オープン戦前の練習試合だ開幕までに各自の課題を克服すべく、彼らの努力が続くことだろう。

 ちなみに我が家のKスタ開幕戦は3/30日です。
posted by petitenYOS at 18:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | イーグルス情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。